きのへそ工房

Report

report

仲間が集うアウトドアを楽しむお家

上棟式でした♪

先日、無事に建て方の工事も終わり・・・

大工工事が進んでいますが、良い日を選び、お施主様や関係者の皆様で上棟式を執り行いました

上棟式は今までの工事の安全に感謝し、今後永く建物に禍なく無事竣工を祈願する儀式です
棟木に御幣を取付けて、建物の四方にお酒・米・塩をまいてお清めします

※弊串を棟木に取付るのは火災などにあう事無く、末長く栄えるようにとの願いを込めて、奉られます

上棟式は平安時代初期から行なわれ、中世に盛んとなり、居礎(いしずえ)、事始め、手斧始め(ちょうなはじめ)、
立柱、上棟、軒づけ、棟つつみ等、完成まで の建築儀式が数多くありましたが、江戸時代になって、
これらの建築儀式を代表する形で、上棟式だけが行なわれるようになりました

一般的に上棟式は、新築の家の土台が出来上がり、柱、梁、桁、力板などの骨組みが完成したあと棟木を 取り付けて補強する際に行ないますが、きのへそ工房では施主様のお休みと暦を見て行います

棟上げから数日で、サッシや面材など工事はどんどん進んでいます

御祈願もお清めも終わり、これからも安全に工事を進めていきたいと思います