きのへそ工房

Blog

「一人にひとつの収納の時代だからこそ!衣替えのメリット・デメリット」

2019.10.24

こんばんは。
田辺オフィスの橘です。
 
運動会も終わり、過ごしやすい時期になってきました。
季節が変わると、衣替えの時期です!
 
ここで衣替えの歴史について、少し紹介します。
元々は中国の風習で、平安時代に日本に伝わり年に2回衣替えを行っていたようです。
江戸時代では、季節にあった着物を何着も持っている人が少なかった為、衣替えは着物を季節に応じて仕立て直す意味で、年に4回行われていました。
明治時代に洋服文化が入って来て、現在の衣替えが定着したようです。
また、収納方法も昔はタンスに衣類を入れていましたが、今はタンスからクローゼットに変わり、家族構成や間取りによって収納方法も多様化しています。
 
最近の住宅には、各部屋に収納がある間取りが多いです。
各部屋に収納があるという事は、家族の一人に1箇所の収納があると考えられます。
この考えでいくと、収納部分だけをみると一人暮らしをしているのと変わらないので、衣替えはいらないように思えてきます。
 
衣替えを行うメリットとして、
1、 不要なものを処分できる
2、 収納内部を掃除する機会になる
3、 物を動かすことにより、換気ができる
デメリットは、
1、 急な気温の変化で、衣類が対応できない
2、 時間と手間がかかる
3、 疲れる
 
メリット・デメリットがあるので、このブログを読んで頂いて収納を見直すきっかけになれ
ば幸いです。
 
西峰工務店では収納場所を造る際に、棚やハンガーパイプの設置は必要最低限にしています。
理由は、収納内のカスタマイズをやりやすいよう、最初から造りこまない!
内部の仕上げの素材も杉板を使ったり、クローゼット内に換気扇を設けたりして調湿や換気に配慮しています。
 
選択肢や考え方が色々ある時代です。
衣替えをやらない方法を考えるのもありです!