きのへそ工房

Blog

スタッフ紹介「芝田 五十次」

2019.08.29

こんばんは。いつも西峰工務店のSNSをご覧いただいてありがとうございます。
今月のスタッフ紹介は常務取締役の芝田 五十次です。
 
【入社の経緯は?】
私の社歴は今年で34年になります。会社に入社したきっかけは、妻が西峰工務店の娘であった事と、会社設立から間もない時に現社長亡き会長にお声がけいただき入社に至りました。

【今行っている仕事は?】
現在私の業務内容は主に、住宅部門で新築の住宅やリフォームの営業業務全般と設計企画積算契約に至るまで行っております。

【仕事のやりがい・こだわりは?】
私がこの仕事について一番良かったことは人との出会いです。自分を成長させていただき幸福にしてくれたのも人ですから、お施主様との出会いの機会を頂くたびに、いつも仕事に感謝しています。これまで仕事を通じて出会ったお客様や協力業者様との人間関係をも同じです。私は、やりがいやこだわりというのは、お互いの信頼関係が出来てこそ言えることだと思います。なので、「やりがい」はお施主様が自分のことを信用信頼してくれた時、「こだわり」は施主様自身が自分の為だけにしてくれていると思ってもらえた時かな?

【プライベートの過ごし方は?】
私の休日は、天候さえよければ一日中海の上で釣りをしています。海から自宅に帰るとそれからが戦場です。釣った魚をキッチンに立って料理するんです。家族・友人・知人の分まで調理するので、いつも3時間くらいはキッチンに立ちっぱなし!好きな料理と、みんなに喜んでもらえることが楽しみです。

【印象に残っている仕事のエピソードは?】
一つは今から13年前、社長から和歌山市内へ出店企画の話があり立ち上げた時のことです。私も前々から思っていたことでもあったので、二つ返事でOKしました。早速土地を購入し、OMソーラーの平野さんに設計のお手伝いをしていただき、1年後にはモデルハウス兼事務所という形でオープンすることができました。週末には来場者があまりにも多くて、営業接客がままならない日々が続いた事も懐かしく思います。その後芦村、井口、竹友の入社で体制が整い順調に受注が出来ました。
それから1年後、モデルハウスに何度か来場していただいたお客様から、ここをどうしても譲ってほしいと言われ、売却する事になりました。その後は、仮店舗へ移り、同時に和歌山のふじと台で1件目のモデルハウスを建築、1年半後には2件目のモデルハウス兼事務所をオープンしました。その後私は3年もの間、週に3日間はモデルハウスで暮らす生活を続けました。今振り返ってみると時が経ったと実感する今日この頃です。
和歌山出店企画は会社にとっても会社の知名度も上がり、私自身も凄く勉強にもなり成長させていただきましたこと、これもひとえに多くのお客様との出会いがあったからだと思います。

【お客様に向けてメッセージを】
これから将来にかけてマイホーム計画をされる方に知っておいてもらいたいことは、まず一番は家族で生活設計を行うことです。つまり資金計画です。次に、建築場所(土地)の選択です。自然災害から家を守れる地域で考える事がキーポイントとなります。建物は「耐震+省エネ性能」の数値化をする事が大事な事だと思います。