きのへそ工房

Blog

「新築と既存住宅。それぞれの熱中症対策の家づくりとは?」

2019.08.01

こんばんは。
田辺オフィスの橘です。

和歌山は梅雨も明け、夏本番となり暑い日が続いています。
こんな時、話題に上がるのが「熱中症」です。
この熱中症、発生場所の一番多い所が住居ということをご存知でしたか?
反対に、多く思われがちな工事現場や運動施設は、住居に比べ予防の意識が高いように感じます。

では、住居で熱中症にならないためにはどんな工夫ができるのか。
新築を建てるのであれば通風や日射遮蔽の計画をし、気密や断熱性能の高い家を建てる事が出来ます。
既存の住居であれば、エアコンの性能を上げる話をよく聞きます。
ここ数年の話ですが、エアコンが壊れているわけではないのですが、交換工事の依頼が多く、「気温が高くエアコンが効かない」とよく言われます。
ただ、その原因として断熱性能が低かったり、最悪の場合断熱材が入っていなかったりする時があります。
その場合は、どれだけ性能の高いエアコンを設置しても、冷えた空気は逃げていきエアコンの稼働時間が長くなり、電気代もかかります。
断熱性能を高くして、部屋を冷やせばその空気が逃げにくくなり、室温設定により稼働時間も少なくなり、電気代も抑える事が出来ます。
断熱工事を行うためには、天井・壁・床に断熱材を入れる必要があるので、リフォーム・リノベーションをする時には含めて工事を検討して下さい。


その他にも、日射(日差し)を遮るための庇の設置や、窓ガラスを遮熱ガラスに交換、窓にシェードをつける等が有効です。

年々、夏の気温が高くなり、熱中症になる人も増加しています。
住居で熱中症にならないためにも、ご自宅の断熱や日射をチェックしたい方は、西峰工務店までお気軽にお問い合わせください。スタッフがお邪魔して現地確認とご相談をお伺いいたします。