きのへそ工房

Spec

耐震構法 SE構法

SE構法は柱や梁そのものを互いに剛接合し、強固な構造躯体をつくりあげる。従来、鉄骨造やRC造において主流だったラーメン構法を、日本の木造住宅に取り入れた構法です。

技術が可能にできるデザインへ 技術が可能にできるデザインへ

木質ラーメン構法では、柱と梁の接合部で強度を保つことができるので耐力壁が少なくても耐震性を確保できます。それによって、1階部分にビルトインガレージを配置したり、 広々したLDKや吹き抜けを計画したりと設計のバリエーションが豊富になります。

構造計算 構造計算

SE構法

1棟1棟、鉄骨造やRC造と 同じ手法で構造計算をし、地震・風などの自然災害にも耐えうる理想的な構造を設計するため、家の強さが証明できます。

柱、梁の圧倒的な強さと壁のねばりが、 幾度の地震に耐える。 柱、梁の圧倒的な強さと壁のねばりが、 幾度の地震に耐える。

SE構法

地震時において、さらなる安全性を確保するために、SE構法では業界で初めて全棟接合強度の高いSボルトを採用しています。Sボルトは表面に凹凸加工を施し、木材にねじ込むことによって、引張剛性が向上。通常のボルトの2倍の強さを持つこのSボルトと高強度のSE金物の組み合わせにより強さとねばりを実現しています。

木が「やせても」強さを発揮。 木が「やせても」強さを発揮。

経年変化により木が乾燥・収縮する場合があります。これを業界では「木がやせる」と言います。木がやせてしまうと、施工当初にきつく締め固めていたボルトやナットが緩んでしまい、剛性(強度)を維持することが難しくなります。SE構法は高強度SE金物とSボルトが柱と梁の接合部にしっかり食い込み、木の収縮に対しても剛性を確保することができます。

詳しくは、耐震構法SE構法ホームページ