きのへそ工房

Spec

OMソーラー_イメージ

OMソーラーハウスは機械仕掛けのシステムではなく、太陽熱と空気を利用して床暖房・換気・給湯を行うエネルギー自給型環境配慮住宅です。

OMソーラー_室内イメージ

一軒の家で消費するエネルギーのうち、暖房・給湯・冷房など、熱に関することが約7割を占めています。暖房なら20℃、給湯なら40~60℃のほどよく暖かい生活だと太陽熱で十分につくりだせる温度です。OMソーラーは、夏に冬のように低い温度を求めたり、冬に薄着でいられるような温度を得る暖房ではなく、夏は夏らしく、冬は冬らしく過ごしながら、健康的で心地よい暮らしを実現しようという技術です。そしてその最大の特徴は、太陽というクリーンなエネルギーを用いるという点にあります。

冬は床暖房しながら換気も行う 冬は床暖房しながら換気も行う

OMソーラーシステムが稼働している間は、常に新鮮な外気を室内に採り込んでいます。暖房しながら気密も保ち、換気もしているのです。建物の気密と換気のバランスからも、OMソーラーシステムが注目されています。

夏の昼と夜は 夏の昼と夜は

OMソーラー(夏)

夏の昼は、カンカンに熱くなった屋根の熱気を建物の外へ排気します。屋根を昇ってきた熱い空気でまずお湯を採り、使い切れなかった熱は外へ逃がします。床下のよどんだ空気も引き上げ(床下換気)、じめじめした空気を排気します。
夏の夜は、放射冷却現象によって屋根が冷えます。これを利用して、少しでも温度の下がった空気を室内にとりこみます。「冷房」とまではいえないものの、自然を活かした採涼法です。

 

詳しくは、OMソーラーホームページ