KJワークスさんが来られました! 2006年02月08日(水)

  33,008 byte

2月7日の夜から8日のお昼に架けて、大阪の彩都からKJワークスさんが来られました。

7日の夜は懇親会の場を持ち、KJさんのイベントの進め方や薪ストーブや家具のお話などを聞かせていただいたり、互いの悩みを語り合ったりと、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

写真は時計回りに、当社社長(西峰)、KJワークスさんより、総務部中村さん、暮らしの相談室宮本さん、企画室森重さん、社長の福井さんの4名、手前が当社芝田です。


夜が明けて8日は、朝から本社前セミナールームにて薪ストーブにあたりながら、またまたイベント運営や広告のことなどを話した後、モデルハウスきのへそをご見学いただき、田辺市たきない町にて現在公開中のモデルハウスヒナタ3もご見学いただきました。その中で、福井社長さんに木の話なども少し教えていただいて勉強になりました!

こういう集まりがあると、いろいろな事が参考になるだけでなく刺激を受けて、頑張ろうという気持になります。

またお会いしたいです!


工務部 山本


 

寒いよー 2005年12月18日(日)

  27,814 byte

うぉーーーーー

朝起きてみると、めちゃめちゃ寒い。

南紀白浜の冬には珍しい朝となりました。

なんと!うっすらですが雪化粧こんなことは何年かぶりの出来事で、びっくり。

車を見ると凍っているのではなく、雪で真っ白け。

会社に行くと黒いはずのモデルハウスの屋根が真っ白けです。

珍しいものを見ると少しうれしくなってきます。

私は昨日、AM4:00過ぎまで外で飲んでいたので雪が降ってるなと思ていましたが、まさか積もるなんて、どうりで朝早くまで飲んでも酔わないはずです。

今日はAM6:30に目が覚めました。

(工務部 和泉)


 

めっちゃひさしぶり 2005年11月20日(日)

  この間の木曜日現場で少し遅くなって帰っていると。なんと久しぶりに流れ星を見ました。
もの凄く長い間尾を引っ張って(3秒ぐらい)『すげ〜』とちょっと感動。
流れ星を見るだけでもなんか嬉しくなるのにその上願い事なんて、そらもう贅沢?な話、そんな余裕ないちゅうねん!


この辺は(白浜町)周辺はかなり田舎なので光源があまりなく、冬になると星が綺麗に見えます。(場所にもよるが・・・)帰りが遅い日なんかはよく空を見上げながら帰っています。いくら忙しくて周りが見えなくなっても、ただ空を見上げるくらいの余裕がなくなったら終わりだと思いませんか?

ちなみに今見えている星はずっと昔の星の光だそうです。
もしかしたら今はもう、その星がないかもしれません。だからということじゃないですが、たまには空を見上げてみてはどうでしょうか?
(工務部:和泉宏育)


 

自分流天気予報 2005年10月04日(火)

  最近、体がだるく、首・頭が重たくなることが多々あります。

特に天気の落ち日和(ひより)の2日から前日に掛けて、最初のうちは、飲みすぎ?ではないかと思っていましたが
いちおう私は人並みに(自称)飲めるほうだと思いますがお昼ごろには抜けています、しかし最近は昼からでもだるさがでてくることがあります。

私は何年か前に正面衝突に巻き込まれましたその際の後遺症が最近になってようやく出てきているじゃないかと思います。

気分が悪くなると、大体後日に雨が降ります、この間の台風のときなんか自分で言うのもなんですが、使い物になりませんでした。

今日もなんだか首が重く、吐き気がします、明日は雨かもしれません

(工務部:和泉宏育)


 

自然の循環 2005年10月01日(土)

   先日、京都大学のフィールド科学教育センターで森・里・海連環学と言うセミナーに参加して参りました。
 この研究は、京都大学の田中克教授らが中心となり、アウトドアライターの天野礼子さんのグループも熱心に取り組んでいる、今、注目の学問です。
 
考え方としては、森と里(川)と海の生態系はそれぞれが別々に存在しているのではなく、互いに連環して成り立っている。と言う考え方です。
 わかりやすく言えば漁師さんがこんな事を言ったそうです。
『美味いしい魚を食べようと思えば森(山)を育てなくてはいけない』  どう言う事かと言うと、森(山)が肥沃であればそこに降った雨は山にしみ込み、ミネラルいっぱいの水となり川を下り、そして海へ流れ込み、プランクトンがよく育ち、それを食べる魚も豊かに成長する。と言う事です。

 日本列島の気候風土は、昔から太平洋上で蒸発した海水が雲となり、それが日本列島の山々にぶつかり雨となり、そして豊かな森を育てます。
それぞれが循環しながら日本人の生活の営みがあった訳です。(代表:西峰 嵩)


 

結婚式 2005年07月26日(火)

  38,181 byte

田辺市内の地鎮祭の帰り、神主さんを闘鶏神社まで送りました。
闘鶏神社に到着すると、結婚式の最中で、雅楽が鳴り響く中、新郎と新婦が神殿に向かって礼を行っています。
初めて神前結婚式を見た私は、感動して、そのまま見学していました。神前結婚式というと古いイメージがあったのですが、まったくそんな事はなく、旧来からの日本が持つ、すばらい美しさを感じました。
私が結婚したときは、教会でしたが、これから結婚する人は神社もおすすめです。
新郎さん、新婦さん、素敵な人生を共に歩んで下さい。幸せのお裾分けありごとうございました。(営業:國友)


 

暑さにどこまで耐えれるか? 2005年07月04日(月)

  数日前から大変暑くなって来ました・・・毎年クーラーをいつまで我慢できるか?スタッフで我慢していましたが先日室内温度が35℃を記録したとたん我慢の限界がきましてスイッチを入れてしまいました・・・。家でもやはりクーラーを入れるか入れないかで話をする事があります、私はすぐに入れる派ですが家計を管理している妻は渋ります・・・・便利で快適に過ごせる様に取り付けたクーラーが節約の為に使え無いって言うのも不思議に感じますが、どうなんでしょう?今は内勤で居るより外でクーラーのかかった車でいてる事の方が幸せです。
(RF井上)


 

「スタッフブログ」 2005年06月25日(土)

  貴乃花と若乃花のが、日々マスコミをにぎわせています。貴乃花はマスコミに頻発に出演し、若乃花は黙りを決めています。貴乃花も若乃花も、会った事が無いので、どんな人間かはわかりません。マスコミの情報が人間像を造ってしまっているのでしょうか?
私達、きのへそ工房のスタッフ14人の日記を始めます。14人が日々何を考え、何を発見し住まいづくりに関わっているかを紹介していきます。
日々の出来事やニュース、それぞれの想いを14人で紹介していきます。皆様に私達が、どんな人間かを見て頂く材料になればいいなと考えます。(営業:國友)


 


- Web Liberty -