株式会社西峰工務店facebook
株式会社西峰工務店インスタグラム
株式会社西峰工務店SNS
お問い合わせ

スタッフブログ

TEL:0120-423-022
8:00~17:00
お問い合わせはこちら

「事例で紹介する、出し入れのしやすい収納の設け方」

2020.03.12

こんばんは、住宅部門 常務 芝田です。
お客様とのヒアリングの中でよく耳にするのは、「収納スペースが沢山欲しい」というご意見。
皆様も間取りを考えるうえで、悩むポイントの一つになるのでないでしょうか?
そこで今回は収納の設け方についてお話します。

収納といっても、せっかく作った収納スペースが「開かずの間」になってしまうと勿体無いですよね。
置くスペースがあればある程、物を増やしてしまうと言うのが人間の心理だと思います。
実際に、私自身がそうなので(笑)
そうならない為には、物を仕分けて置く所を決めると使い勝手が良くなります。
収納スペースの施工事例をいくつかご紹介しますので、参考にしていただければ幸いです。

◆玄関・土間収納: 1~2畳の壁面を利用した2面可動棚を設置。
シューズ置き場やアウトドアセット・ベビーカー・その他外出用品を収納できます。
棚の奥行は浅めにし、棚数を多く設ける事で収納量が増え、取り出し易く分かり易くなっています。

◆キッチン:造りつけのカップボード及びパントリーの設置。
耐震面も優れ、また自然素材を使用している為、お家の雰囲気にもあう造りになっています。

◆洗面所:よくお客様に提案させていただく間取りは、3畳です。
入浴=洗濯=収納と動線を短くすることで、家事が楽に。

◆押入(収納):床・壁・天井には無垢材を使用し、内部には、中段と枕棚(上部の棚)を設置。
中段・枕棚ともに、湿気を防ぐために「すのこ張り」にしています。

◆ウォークインクローゼット:広さ3畳程度で、洋室などに隣接するように配置。
こちらにも必要に応じて、中段・枕棚・可動棚を造ります。
そうすることにより、持ち込みする家具が少なくなり、 防虫やカビ予防に繋がります。
大容量で使い勝手も良いとご好評頂いております。

以上大まかにご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
物をすっきり片付けるためには、スペースの活用方法や、どこに収納スペースを設けるかが重要になりますね。

━->〇<━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━-━
和歌山・白浜の注文住宅・木の家・自由設計・公共事業
株式会社 西峰工務店
\ フォローしてね! /
・公式Facebook   https://www.facebook.com/nishiminekoumuten
・公式Instagram https://www.instagram.com/nishiminekoumuten
━-━-━-━-━-━-━-━-━-━>〇<-━-━-━-━-━-━-━

   

TOPIC

CONTACT

お問い合わせ・ご相談はこちら 8:00~17:00
メールでのお問い合わせはこちら